男の人

老人ホームなどで使用される伝送ソフトの発達と歴史

介護サービスの歴史

食事

老人福祉施設の事務の歴史や変遷

日本では1997年に国会で介護保険法が制定され、2000年から施行されました。介護保険制度が制定されたことにより、介護保険で利用することができる老人福祉施設が全国各地に誕生しました。介護保険制度の制定とほぼ同時期に、ブロードバンドによる高速インターネット接続が全国で利用可能になりました。これにより、老人福祉施設での事務作業は、パソコンを使って行われるようになりました。2000年代になると、パソコンとインターネットを利用した国保連伝送サービスが開始され、請求業務を電子化することが可能になりました。事業所は請求ファイルをインターネットで国保連に伝送すると、国保連から保険金が支給されるようになり、職員の事務作業が大幅に簡素化されました。

国保連伝送サービスの今後の動向について

国保連伝送サービスは、ほとんどの老人福祉施設で導入されています。国保連伝送サービスを利用すると、職員の事務作業がとても楽になりますので、今後も国保連伝送サービスは利用され続けると予測されます。最近の国保連伝送サービスは、とても簡単な作業で請求ファイルを伝送できるようになっています。今後も操作の簡素化が進み、さらに使いやすくなると予測されます。最近の国保連伝送サービスは、伝送処理忘れを防止するための取り組みが行われています。締め切り前になると、伝送漏れがないかのアラートをメールで送信するなどの機能が搭載されるようになっています。今後もアラート機能が強化され、送信忘れの防止に繋がることが予測されます。